トップページ > 事例

事例

事業開始3年目顧問税理士
個人事業主 S様

これまでは一人でもやってこられましたが、売上の増加と共に専門家のサポートが必要だと感じる場面が増えました。 しかしどの税理士事務所が良いかわからず、近場の事務所で相談しても金額が高いと感じ、お付合いを諦めていました。 そんな時にネットで日本記帳代行センターを知り、税理士事務所が対応し、月々必要な金額がわかり易いのは魅力的でした。今では確定申告と併せてお願いしています。

事業開始3年目顧問税理士
法人B様

マイナンバーや消費税対策が必要となり、税理士とのお付合いはありませんでしたが、早めに対策を打たないといけないと悩んでいました。日本記帳代行センターでは、税理士事務所に対応してもらえるということを知り、相談させていただきました。消費税申告やマイナンバーに対する相談や対応も税理士が行ってくれるので、安心してお願いしています。

事業開始5年目顧問税理士
法人E様

顧問税理士はいるけれども、多角的な目で自社の経営状況が把握できるようセカンドオピニオンを検討していました。しかし、もう1名税理士に依頼をすると、予算が大きくなる為に、税理士事務所で対応してもらえる日本記帳代行センターにて記帳の部分だけを依頼しました。結果的に予算も抑えることが出来たので満足しています。

事業開始5年目顧問税理士
個人事業主T様

売上規模が大きくなったことで扱う資料が増え、業務が煩雑になっていました。ホームページ制作の事業を行っており、なるべく時間は制作の方に回したいと感じ、顧問税理士に記帳代行をお願いし、記帳や税金のことで使う時間を減らしたい旨を相談しました。しかしお付き合いしている税理士事務所は記帳代行の対応は行っておらず、自身で記帳を行う必要があった為、どうにか良い方法がないものかとインターネットで調べていたところ、日本記帳代行センターを見つけました。顧問税理士がいても、記帳代行だけをお願いすることが出来るのでとても助かりました。毎月の領収書等の資料を日本記帳代行センターに送り、出来上がった資料を税理士に渡せば記帳や税金に関する2重チェックもされるので事業に専念できる体制を作ることが出来ました。

事業開始1年目顧問税理士
法人O様

法人を起ち上げて1年目で売上もまだほとんど出ていないこともあり、顧問で税理士にお願いするかどうか悩んでおりました。税金のことはほとんどわからないので、税理士のサポートは必要とは感じていましたが、それほどお願いすることが無いというのが正直な気持ちでした。それでも毎月領収書や請求書、お金の入出金は発生する為、記帳をどうにか進めていかないといけないと不安は大きくなる一方でした。なるべく金額を抑え、記帳や決算申告をお任せ出来るところがないかと探して見つけたのが日本記帳代行センターでした。何が経費になり、勘定科目をどう付ければ良いかといったことも丸投げで対応してもらえるのでとても助かっています。金額を抑えた上で、記帳や申告の不安も解消できたので良かったです。